パートナーとの性行為中にコンドームが破れてしまって妊娠した可能性があるならアイピルを常備しとくのが得策です。アイピルは産婦人科などで処方されていますが保険適応外なので高額です。通販サイトでは比較的安く購入できるので常備しときましょう。

アイピルはネットの個人輸入代行サイトで

アイピルとはモーニングアフターピルの一種ですがジェネリック医薬品ですのでオリジナルよりも安く販売されているのが特徴です。
一錠から買うことができますが、もしも手に入れるなら個人輸入代行サイトで買うことができます。
アイピルは医薬品であるため日本のネットサイトでは販売が禁止されています。
しかし海外のサイトカラでしたら買うことができます。
自分で使う分だけ買う場合は個人輸入になりますので関税もかかりませんし法律的な問題もありません。
しかしここで気になるのが海外のネットサイトで買うことの不安です。
海外のサイトは外国語なので買い間違いがあるのでは、もしもトラブルになったとしても対処してもらいにくいという不安があります。
その点なら大丈夫です。
個人輸入代行サイトから買う場合は全ての商品説明は日本語でしていますし普通の日本のネットサイトと同じように買えます。
また個人輸入代行サイトでは全ての手続きも代わりにしてくれますので何も知識がなくてもいいのです。
ただアイピルをネットで買う場合気を付けなければいけないことがあります。それは必ず使用する本人が買うことです。
これは個人輸入にのみ許可されているからなのですが、もしも他の人に上げて料金をもらうと転売目的の輸入となり個人輸入ではなくなってしまいます。
また男性の名前で買うこともできません。
女性が使うものだからです。そして法人名でも買えませんので必ず自宅に送られるようにしましょう。
場合によっては郵便局留めができない場合もあります。
そして必ず信頼できるサイトで買いましょう。
アイピルを扱っている代行サイトは大体本物を扱っていますが、万が一のことも考え実績のある老舗のサイトから買うようにしてください。

ページトップへ